メガネの職人の仕事を知っていただきたい。

メガネの職人さんはこんな仕事です。

メガネが昔は医療機器として扱われていたのですが、今はファッションの一部になり、雑貨として扱われるようになっています。

でも、レンズは未だに医療機器扱いです。薬とおんなじ「添付文書」が今でも付いています。だから真面目に目を、目と繋がっている頭脳を考えてメガネを作っています。

両眼視ってご存知ですか?左右の目を上手く動かせるようにレンズの特性をフルに発揮させて調整するんです。メガネが視力は出てるし、度もあってる、なのにメガネが合わない気がする時の切り札的な対応です。

メガネで困った時に、めがねのいわさ  ならまだ何かができます。