久しぶりの投稿です、

先日、お客様に「ブログ更新は大切よ」とおしかりいただいてしまいました。スミマセン。

コロナ禍がまだまだ続いていて、気は抜けませんが、お客様のおかげで超小型経営ですが、営業を続けることができています。皆様のご愛顧を心より感謝申し上げます。

こんな中、メーカーも「大規模な展示会」を開催することができず、されたとしても感染拡大地域での開催になるため、なかなか参加できない状況が続いています。でも、メーカーさんってさすがですね!きっちりと新製品を上げてきています。

9~10月は日本における最大の眼鏡イベントと言える、IOFT(何の略かは忘れました)があります。メガネベストドレッサーが発表されるあのイベントですね。毎年、東京ビッグサイトで開催されていますが、このイベントに向けて各社新製品を上げてきます。

ここ数年アンティーク調のフレームが続いているんですが、この次があるのかないのか?ちょっと気になるところです。

また動向がわかったらアップさせていただきますね。怒られないように頑張ります。

新型コロナウイルス襲来

こんな時代がホントに来ました。家庭菜園がいるかもって、、、、

収まったと思っていたら、また出てきましたね。。゚(゚´Д`゚)゚。

正直なところ、三密を絵に書いたようなちっちゃな店舗です。だからキッチリ対策します。

狭くて、密室で、、、、、

でもメリットがあるんですよ。

一人一人キチンとクリーニングして対応できます。換気にも三つの換気扇でしっかり換気できます。商品も一つ一つクリーニングして次の方をお迎えできます。(*゚▽゚)ノ

ちっちゃな店舗ですから、全体を把握できます。(^○^) 頑張って対応しています。お電話いただければ、お客様が重ならないようにさせていただきます。

(イレギュラーはありますが(><))

とにかくご一報ください(o^^o)

バウハウスってご存じですか?

この雰囲気に合う日本人の方、求む。

今回入手できたのはこの3モデル、ほかの色はないの?と言われると困っちゃいます。

婦人1 紳士1 ユニ1モデル 希少なモデルなのでお早めに。近年まれな純ドイツ企画のプロダクトです。第二次世界大戦前にドイツで発祥、発展した近代デザインのもとにもなった「バウハウス」とのコラボモデルです。日本製にはないスタイル、デザイン、感性、はまったら抜け出せなくなること請け合いです。これを何のてらいもなくさっとかけこなせたら!!

ヨーロッパ伝統の合金製フレーム、チタンとは違う重さが心地よい。錆などが出やすい素材ですが、この素材でなければ出せない風合いがあります。日本製メガネが失ってしまったこの風合いを、古くて、新しい「バウハウスデザイン」でたのしんでみてはいかがでしょうか?限定品!残り3個!!

営業時間が変わります。スビバセン。

夏も終わりの気配が。。。って。もうとっくに秋ですね。

台風も例年通りやってきています。被災地の方々にはこころよりお見舞い申し上げます。

タイトルにあるように営業時間ですが、介護と年齢から来る体力低下のため(特に病気はなく元気ではあるんですが)営業時間を短縮することになりました。

特に今年の夏は体力低下が顕著で、いろいろ健康法や体質改善に取り組んできたにもかかわらず、いまひとつ体力や症状の改善がなく、長期に及んでいるため大事をとって決定いたしました。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、仕事は「お客様のため」に尽くす分野ではありますが、は」安心して長期にわたるメンテナンスができるコンディションを維持すること、加えて「自分の家族のために必要なものを備える」という目的も見失わないように、良いバランスをとれるよう従業員、家族で相談を重ね続けました。幾分不便にはなりますがどうぞご了承を頂きますようお願いいたします。

営業時間12:00~19:00

定休日 水曜日、日曜日

梅雨から真夏へ

毎年この時期になると、光が辛いというお客様が多く来店されます。「この光が辛い」という辛さにはいくつかに種類がありまして、それぞれにちょうど良いレンズがあります。ただ、「サングラスならいい」というわけではなくて、本当に細かいんです。いくつかをご紹介いたします。

1、NP(ネッツペック)コーティング。

  ものとしては15年くらい前からあるのですが、最近注目度が上がっています。構造の特徴は「色がつかないのに、まぶしさが取れる」ということです。レンズの表面が細かな網目になっていて、人工的な「木漏れ日」を作るというものです。確かにまぶしさがとれます。でも夜暗くならず、レンズに色がつかず、オフィスやフォーマルでも掛け続けられます。弱点は。「値段が高い」ことです。コーティングなのにプラス1万円くらいします。

2、UV3G UV420

  こちらはブルーライトカットの発展版というべきものです。紫外線に近いエネルギーの大きい青色光線をカットするものです。ほぼ無色です(わずかに黄色~茶色の色がかかります4~7%ほどでほとんどわかりません)。お買い上げいただいたお客様の声では、「雪の日に目が痛くならなかった」「5~6月の晴天の日に目が楽だった」というものです。こちらもほぼ透明のためフォーマル、ビジネスでもいけます。

3、UV400+IR

  こちらはいままでのUVカットに「赤外線」をカットするコーティングを追加したものです。紫外線が表面に影響するのに対して、赤外線は奥まで影響を及ぼすことに注目したものです。遠赤外線暖房機が体の芯からあったまるのと同じ原理です。こちらの商品は出たばかりでまだまだ効果を確認できていません。どなたか使ってみられません?

4、カラーレンズの使用

  一般的なサングラスのようなものです。色次第でどの波長の光をカットするかが変化します。これが重要で、苦手な光をうまくカットするよう色を選べば、薄い色でもかなり効果が得られます。逆に苦手な光を通してしまう色を選んでしまうと、濃くしても快適になりにくいです。ブルーライトや赤外線、白内障の影響のあるなし、年齢、遠視か近視かで苦手な色が異なり、LEDの室内、ヘッドライト、屋外など本当にいろいろな用途でそれ専用の色が発売されています。当店ではファッションを含めてお客様のライフスタイルに合わせて最適な色と濃度のレンズを一緒に考えていきたいと思っています。

5、組み合わせでさらに効果的に!

カラーレンズにNPを加えたり、NPとUV420を加えたり、UV-IRとUV420とカラーの組み合わせまで、3種混合!?までできます。なるべく追加料金なしで、最適な「強光線対策」をご一緒に考えさせていただきます。チェーン店にはない変態的(マニアック)な(メーカーさんごめんなさい)専門店ならではのレンズ選択を皆様に提供いたします。米国ヤンガーオプティクス(当店は数少ない登録プロショップです)製のレンズのサンプルも用意しています。一度当店にレンズ遊びにいらしてください。「損得じゃなくて、好きでやっています」

ちょっとだけ更新、

変わった視力テスト
変わった視力テスト

メガネ屋さんで覗くこの機械をレフラクターヘッドなんていいます。

向こうに見えている表示を三杆計といいます。(漢字が中々出てこない)「さんかんけい」と読みます。これを使うと両目がしっかりとお仕事していることが確認できます。

両目で見ないとわからない「何か」がわかります。なにかは、内緒です。ぐぐってもなかなかでませんよ。

ぜひお店屋さんで聞いてみてください。「あれってなに」と聞くだけでもいいので来店お待ちしています。(笑)

WordPress はじめました。

Yahoo!のサービスが終わり、なんとか新しく、わかりやすいホームページをと思いつつ、はじめてみました。今までとの違いにビックリ⁉️でしょうか?でも安心してください。今まで通りの洗練とはほど遠いコテコテの変わらぬホームページになる予定です。どうぞよろしくお願いします。